令和2年4月1日から、 すべての雇用保険被保険者について 雇用保険料の納付が必要です(厚生労働省)

厚生労働省は、令和2年4月1日から、 すべての雇用保険被保険者について 雇用保険料の納付が必要となりますというリーフレットを作成し、注意喚起しております。

65歳以上の労働者も雇用保険の適用対象となっていますが、経過措置として、平成29年1月1日から令和2年3月31日までの 間は、高年齢労働者※に関する雇用保険料は免除されていました。
雇用保険被保険者を雇用する事業主 雇 用 保 険 被 保 険 者
令和2年4月1日からは、高年齢労働者※ についても、他の雇用保険被保険者と同様に 雇用保険料の納付が必要となります。
(※)保険年度の初日(4月1日)において満64歳以上である労 働者であって、雇用保険の一般被保険者となっている方を 指します。

リーフレットの詳細は、こちらをご覧ください。

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40