後期高齢者医療制度の令和2・3年度の保険料率について (厚生労働省)

厚生労働省は、後期高齢者医療制度の令和2・3年度の保険料率について発表しました。

後期高齢者医療制度の令和2・3年度の保険料率について、3月末までに各後期高 齢者医療広域連合(以下「広域連合」という。)議会において決定され、各広域連 合より報告を受け、とりまとめましたのでお知らせします。

令和2・3年度の被保険者一人当たり平均保険料額は、全国平均で月額 6,397 円と なる見込みです(平成 30・令和元年度の 5,958 円から 439 円(7.4%)増加)。
・ 被保険者均等割額
(年額):46,987 円(平成 30・令和元年度 45,116 円)
(月額): 3,916 円(平成 30・令和元年度 3,760 円)
・ 所得割率:9.12%(平成 30・令和元年度 8.81%)
・ 平均保険料額
(年額):76,764 円(平成 30・令和元年度 71,492 円)
(月額): 6,397 円(平成 30・令和元年度 5,958 円)

詳細は、こちらをご覧ください。

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40