東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金(東京都)

東京都は、東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金を発表しました。

新型コロナウイルス感染症の感染リスクを「いのちを守るSTAY HOME週間」において、徹底的に低減するため、自主的に休業する理美容事業者に対し、給付金を支給いたします。

1 対象者
東京都内に事業所がある理容業や美容業を営む中小企業及び個人事業主
2 対象要件
令和2年4月30日(木曜日)から同年5月6日(水曜日)までの間、自主的に休業を実施すること
3 給付額
15万円(2店舗以上有する事業者は30万円)
4 問合せ先
申請手続などの詳細な問い合わせに対応するための体制を構築します。
(下記窓口にて対応いたします)
「東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター」
開設時間 9時00分~19時00分(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日) 電話番号 03-5388-0567
5 受付期間 令和2年5月7日(木曜日)から同年6月15日(月曜日)まで(予定)
6 申請受付(予定) 専用ホームページ(外部サイトへリンク)【注】からのWEB申請又は郵送で実施する予定です。
【注】5月7日(木曜日)稼働予定
7 その他
詳細につきましては、5月7日(木曜日)に募集要項を公表し、専用ホームページ(外部サイトへリンク)を開設いたしますので、そちらをご覧ください。
別添 「東京都理美容事業者の自主休に係る給付金」実施概要(PDF:198KB)
関連情報
東京都防災ホームページ 東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金(第279報)
問い合わせ先
産業労働局商工部調整課
電話 03-5320-4744

【コロナウイルス対策の決定版】
雇用調整助成金及びテレワーク対応就業規則・テレワーク助成金申請支援の無料相談の詳細」⇒ こちらをご覧ください。

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★東京都感染拡大防止協力金(1事業所50万円、2事業所以上100万円)は、申請しましたか?
★行政応援の一環として、事業主の方は費用負担なく、円滑な申請に向け即日当事務所でチェック致します。
申請方法は、こちらをご覧ください。
★まずは、メールでお問い合わせください。⇒こちら

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40