雇用調整助成金等オンライン受付システムの不具合への対応について(厚生労働省)

厚生労働省は、雇用調整助成金等オンライン受付システムの不具合への対応について発表しました。

6月5日(金)に運用を停止した、厚生労働省職業安定局所管の雇用調整助成金等オンライン受付システムにおいて、発生した不具合と、それによる個人情報の漏洩を確認しましたので、下記のとおり概要をお知らせします。
 関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけすることとなりましたことを深くお詫びしますとともに、再発防止に努めてまいります。

1.経緯
 システム不具合により、令和2年5月20日(水)から停止していた雇用調整助成金等オンライン受付システムについて、6月5日(金)に運用を再開したが、同日、システムの不具合により、申請を行った会社の添付書類が他者に閲覧可能となるという事案が判明し、再度停止した。

2.確認できた不具合の内容
 1つの事業者の申請に添付された申請書類が他の事業者(計10社)に閲覧された。
 閲覧された書類には以下の個人情報が含まれていた。
 ・役員(2名)に関する情報:氏名、役職、性別、生年月日
 ・労働者(2名)に関する情報:氏名、休業日数・休業手当額、タイムカード(出退勤や休業の状況)、給与明細(基本給、各種手当、保険料、税金、控除合計額、差引支給額等)など
 これに加え、事業者の銀行口座の情報なども含まれていた。

3.不具合が生じた原因
 ユーザーが申請作業中、特定の画面で、システム上の戻るボタンではなく、ブラウザで前の画面に戻る操作を行った場合に、適切なデータを参照せず、特定の1社のデータを表示するプログラムミスが直接の原因である。前回の不具合を踏まえて大量の申請が同時に行われること等を想定したテストを繰り返し行っていたが、ユーザーの様々な動作を想定したテストが不十分だった。
 なお、IPS(不正侵入防止システム)、IDS(不正侵入検知システム)のログを調べた結果、外部からの不正なアクセス記録はない。

4.謝罪の実施
 ・ 申請書類が閲覧された事業者(1社)に対するもの
   6月6日に電話で、申請書類が他の10社に閲覧されたことについて説明及びお詫びを行った。
 ・ 他社の申請書類を閲覧した事業者(10社)に対するもの
   6月6日及び7日に電話で、他の企業の申請書類を閲覧できる状態としたことについて説明及びお詫びを行った。また、閲覧した書類をダウンロードした1社に対しては、廃棄するよう依頼した。
 ・ 登録作業を行った全ての事業者(3,611社)に対するもの
   6月6日にメールで、システムを停止したこと等についてお詫びを行った。

5.今後の対応方針
 外部専門家による、厚生労働省及び受託者を対象としたプロジェクト管理を含むシステム監査を実施し、今回の事案が生じた原因の徹底的な究明を行う。その結果を踏まえ、必要な対応を行う。
 申請書は、労働局・ハローワークの窓口ほか、郵送でも受け付けており、引き続き支給の迅速化にも努めていく。

【コロナウイルス対策の決定版】
雇用調整助成金及びテレワーク対応就業規則・テレワーク助成金申請支援の無料相談の詳細」⇒ こちらをご覧ください。

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★東京都感染拡大防止協力金(1事業所50万円、2事業所以上100万円)は、申請しましたか?
★行政応援の一環として、事業主の方は費用負担なく、円滑な申請に向け即日当事務所でチェック致します。
申請方法は、こちらをご覧ください。
★まずは、メールでお問い合わせください。⇒こちら
★第1回目の申請の際に、4月27日に当事務所でチェック申請したお客様が5月19日に支給の通知を受けられました!

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40