「医療機関等における新型コロナウイルス感染症対応に資する電話医療通訳サービス事業」のご案内(厚生労働省)

厚生労働省は、厚生労働省委託事業「医療機関等における新型コロナウイルス感染症対応に資する電話医療通訳サービス事業」のご案内について発表しました。

新型コロナウイルス感染症の患者及び感染が疑われる者については、感染防止の観点から患者への説明に対する理解と対策遵守の徹底が必要不可欠となっております。
そして、これら患者には当然に外国人も含まれることが予想されるため、適切な対応を行うためには多言語化が重要と考えられます。
このため、今般の緊急的な措置として、公衆衛生及び医療体制に万全を図り外国人への医療提供体制の強化を目的に、国において医療機関等に対する主要言語の電話医療通訳サービスの提供を行います。
新型コロナウイルス感染症の診療にあたられる医療機関等の皆様におかれましては、積極的にご活用ください。
なお、本事業の詳しい内容、利用手続き等については、以下をご確認いただくとともに、不明点については、「電話通訳サービスのご案内」の中に記載のある運営事務局にお問い合わせください。

1.事業内容
新型コロナウイルス感染症患者及び感染が疑われる者の診療を行う医療機関(感染症指定医療機関や帰国者・接触者外来を設置する医療機関等)の外国人対応を支援するため、緊急的な措置として国において主要言語の電話医療通訳サービスを提供する。

2.対象機関
① 帰国者・接触者外来を設置している医療機関
② 感染症指定医療機関
③ ①②以外で外国人の新型コロナウイルス感染症の入院患者を受け入れている医療機関等

3.利用場面
対象医療機関における新型コロナウイルス感染症の外国人患者及び感染が疑われる外国人への対応

4.対応言語
英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語

5.対応期間
2020年6月15日~2020年11月28日
期間中24時間

6.通訳サービス専用番号
050-3138-4567

7.利用料金
無料(通話料は利用者負担)

8. 参考資料
電話通訳サービスのご案内
言語確認シート

【照会先】
厚生労働省医政局総務課医療国際展開推進室
(内線:4115、4116、4108)
(代表)03-5253-1111

【コロナウイルス対策の決定版】
雇用調整助成金及びテレワーク対応就業規則・テレワーク助成金申請支援の無料相談の詳細」⇒ こちらをご覧ください。

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★東京都感染拡大防止協力金(1事業所50万円、2事業所以上100万円)は、申請しましたか?
★行政応援の一環として、事業主の方は費用負担なく、円滑な申請に向け即日当事務所でチェック致します。
申請方法は、こちらをご覧ください。
★まずは、メールでお問い合わせください。⇒こちら
★第1回目の申請の際に、4月27日に当事務所でチェック申請したお客様が5月19日に支給の通知を受けられました!

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

 

tbhl2r40