建設業の人材確保・育成に向けた取組を進めていきます(厚生労働省)

厚生労働省は、建設業の人材確保・育成に向けた取組を進めていきますとして、下記内容を発表しました。

厚生労働省及び国土交通省は、建設業の人材確保・育成に多角的に取り組むため、令和3年度予算概算要求の概要を取りまとめましたので、公表します。(別添参照)
建設業の技能者の約3分の1は55歳以上となっており、他産業と比べて高齢化が進行しています。このような中、建設業が引き続き重要な役割を果たしていくためには、将来の建設業を支える担い手の確保が急務となっています。特に若者や女性の建設業への入職や定着の促進などに重点を置きつつ、働き方改革を更に促進し、魅力ある職場環境を整備することにより、人材確保・育成を進めていくことが重要です。
厚生労働省と国土交通省は、引き続き、連携して関係施策を実施し、建設業の人材の確保・育成に一層取り組んでまいります。
「建設業の人材確保・育成に向けて(令和3年度予算案の概要)」のポイント
○3つの重点事項で厚生労働省と国土交通省の予算を取りまとめ(下線は厚生労働省施策)。

 1「人材確保」
建設業への入職や定着を促すため、建設業の魅力の向上やきめ細かな取組を実施
建設事業主等に対する助成金による支援                                    57.2億円
・誰もが安心して働き続けられる環境整備(社会保険加入の徹底・定着等)      40百万円 等

 2「人材育成」
若年技能者等を育成するための環境整備
中小建設事業主等への支援                                5.7億円
・地域建設産業の生産性向上及び持続性の確保                      14百万円
・建設キャリアアップシステムの普及・活用                      197百万円 等

 3「魅力ある職場づくり」
技能者の処遇を改善し、安心して働けるための環境整備
働き方改革推進支援助成金による支援                                                   65.4億円
働き方改革推進支援センターによる支援                         66.8億円
・建設産業の働き方改革の実現                                  198百万円
・デジタル・ガバメントの推進                         806百万円 等

別添:「建設業の人材確保・育成に向けて(令和3年度予算案の概要)」

※ 照会先:国土交通省の施策については、国土交通省建設市場整備課
(代表電話)03(5253)8111(内線24829、24824)、(直通電話)03(5253)8281 へお願いします。

※国土交通省も同時に報道発表を行っています。

★テレワーク導入をご検討の方は、テレワーク導入のステップと労務管理について、無料相談を行っています。
詳細は、こちらをご覧ください。

★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40