第 2 回 これからのテレワークでの働き方に関する検討会 (厚生労働省)

厚生労働省は、第 2 回 これからのテレワークでの働き方に関する検討会の資料を発表しました。

1.検討の視点

○ 今回の新型コロナウイルス感染症対策として、これまでにない規模でテレワークが実施されるこ ととなった。今回の経験からは、働き方の観点から、テレワークの際の労働時間管理の在り方や社 内コミュニケーションの不足への対応などの課題があるところである。
○ ポストコロナにおいては、労働者が働き続けられる環境を整えるためにも、時間や場所を有効に 活用できるテレワークの活用が重要。とりわけ、ポストコロナにおけるテレワークの推進にあたって は、適正な労務管理下における良質なテレワークの導入・定着させていくことが重要である。
○ このため、労使で十分に話しあって、使用者が適切に労務管理を行うとともに、労働者も安心して 働くことのできる良質なテレワークの導入・実施を進めていくことができるよう、適切な労務管理を 含め、必要な環境整備に向けた検討を進める。

2.論点

第2回(今回)
○ テレワークの対象者を選定する際の課題について
第3回(案)
○ テレワークの実施に際しての労務管理上の課題(人材育成、人事評価、費用負担等)
○ テレワークの際の労働時間管理の在り方について
○ テレワークの際の作業環境や健康状況の管理・把握、メンタルヘルスについて 等

詳細は、こちらをご覧ください。

★テレワーク導入をご検討の方は、テレワーク導入のステップと労務管理について、無料相談を行っています。
詳細は、こちらをご覧ください。

★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40