「 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 け た 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 」 等 の あ ら ま し(国税庁)

国税庁は、「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」等のあらましについて下記内容を発表しました。

Ⅰ 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税

<制度の概要>
平成27年1月1日から令和3年12月31日までの間に父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等(以下「新築等」といいます。)の対価に充てるための金銭(以下「住宅取得等資金」といいます。)を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、次ページの1(1)又は(2)の表の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。

続きは、こちらをご覧ください。

★【6月11日、18日、25日 開催】無料オンラインセミナー「45分でぎゅっと解説 HR労務知識」のご案内 ➡ 詳細は、こちらをご覧ください。
★無料相談会「キャリアアップ助成金」を活用しよう!(ZOOMによるオンライ説明会も可能です、まずはご相談ください。)
詳細は こちらをご覧ください。
★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。
★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40