令和元年度「総務省テレワーク・デイズ」の実施等について(総務省)

総務省は、令和元年度「総務省テレワーク・デイズ」の実施等について発表しました。

総務省では、令和元年7月22日(月)から同年9月6日(金)までの間、「総務省テレワーク・デイズ」を設定し、職員のテレワーク勤務を促します。
〇 総務省においては、省内におけるテレワーク機運のさらなる醸成と、他省庁や民間への波及効果を期待して、平成27年度以降、テレワークの集中取組期間を定めており、今年度も「総務省における令和元年度ワークライフバランス推進強化月間の取組方針」において、テレワークの促進を取組事項の1つと定めているところです。

〇 本年は、令和元年7月22日(月)から同年9月6日(金)までの間、『総務省テレワーク・デイズ』を設定し、特に7月22日(月)から8月2日(金)までを集中取組期間として、できる限り多くの職員に積極的なテレワーク勤務を促します。

〇 同期間中、本省常勤職員の1割以上がテレワークを実施、管理職員は総務省テレワーク・デイズ終了までに最低1回はテレワークを実施することを目指します。併せて、TDMの試行(※)の一環として、テレワーク等の活用により、本省常勤職員の3割(7月24日(水)は5割)、圏央道内の地方支分部局等常勤職員の1割が7時45分から9時45分までの間の出勤を回避することを目指します。
※ 「TDM(Transportation Demand Management)の試行」・・東京オリンピック・パラリンピック競技大会の交通対策に向けた2019 年夏の試行

〇 総務省は、テレワークなどICTを活用した働き方改革を進め、職員一人一人が高い意欲を持って最大限に能力を発揮できるような職場環境を目指し、組織全体の仕事の質や生産性を高めて行政サービスの向上に取り組んでまいります。

◆「総務省テレワーク・デイズ」の実施等について … 資料1PDF
◆総務省における令和元年度ワークライフバランス推進強化月間の取組方針 … 資料2PDF

★働き方改革・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40