労災保険関係のマイナンバー制度について(厚生労働省 10/14発表)

厚生労働省は、労災保険のマイナンバーを記載する手続きについて発表しました。
個人番号を記載する様式案(平成28年1月より使用していただく様式の案であり、平成27年9月時点の改正案です。)
1.労災年金を請求される方が行う手続
障害補償給付支給請求書(告示様式第10号)
遺族補償年金支給請求書(告示様式第12号)
傷病の状態等に関する届(告示様式第16号の2)
障害給付支給請求書(告示様式第16号の7)
遺族年金支給請求書(告示様式第16号の8)
2.労災年金を受給されている方が行う手続
遺族補償年金、遺族年金転給等請求書(告示様式第13号)
年金たる保険給付の受給権者の住所・氏名、年金の払渡金融機関等変更届(告示様式第19号)

本件の詳細については、こちらをご覧ください。

また、同時にQ&Aも別途発表されています。
Q&Aの詳細については、こちらをご覧ください。

マイナンバー実務担当者向けの無料少人数セミナー(10月30日)を開催します。詳細は、こちらをご覧ください。

いまからでも間に合う中小規模事業者向けのマイナンバー導入コンサルの決定版「マイナンバーコンサルドットコム」には、こちらをご覧下さい。

tbhl2r40