「雇用関係によらない働き方」に関する研究会を開催しました (経済産業省)

経済産業省は、「雇用関係によらない働き方」に関する研究会を開催し、下記のプレスリリースを行いました。
本年4月に取りまとめた産業構造審議会「新産業構造ビジョン」において、「第4次産業革命に よって、就業構造や『企業と個人の関係』が劇的に変化していく」との分析がなされました。 人口減少の進行や技術革新の進展により、社会産業構造・就業構造が大きく変化する中、フリーランスなどの「雇用関係によらない新しい働き方」が注目されています。こうした働き方の 選択肢が増えることにより、働き手の時間やスキルの最大限の活用を可能とし、また、企業に おいても多様な人材の確保に繋がることが期待されています。 こうした働き方に関して、現状の実態と課題について把握し、今後の方向性を検討するため、 有識者による研究会を設置し、第 1 回研究会を開催しました。

今後ますます、多様な働き方が志向される中で、社会の制度設計や問題点をわかりやすくまとめた資料として、一読してみては如何でしょうか。

「雇用関係によらない働き方」について (現状と課題)」は、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40