「治療と職業生活の両立支援セミナー」が開催されます(厚生労働省)

厚生労働省は、「治療と職業生活の両立支援セミナー」(東京・大阪・広島) を開催する旨、発表しました。

厚生労働省の受託事業である「治療と職業生活の両立支援セミナー」が全国3会場で開催されます。
厚生労働省では、疾病を抱えた労働者の、治療と職業生活の両立支援を推進するため、企業向けのガイドライン「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を作成・発表しています(平成28年2月)。また、ガイドラインの付属資料として、がんに加え、新たに脳卒中、肝疾患の方の治療と仕事の両立支援のための留意事項を作成しています。
本セミナーでは、疾病に共通する両立支援のポイントや、疾病特有の留意事項として、脳卒中・肝疾患の場合の留意事項について解説します。
企業の経営者や人事労務担当者、産業医や保険士をはじめとした産業保健スタッフの皆様、また両立支援をサポートする社労士の皆様等もこの機会にぜひご参加ください。

【セミナー概要】
●開催日程
・東京会場 3月2日(木)14時~16時 定員100名 
 TKP神田ビジネスセンターANNEX(ホール8I)
・大阪会場 3月9日(木)14時~16時 定員70名
 TKPガーデンシティ東梅田(バンケット5A)
・広島会場 3月13日(月)14時~16時 定員70名
 TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前(ホール7A)
●参加無料
●要事前申込(先着順)

【お問い合わせ先】
みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部
担当:志岐、西山、斉藤
Tel : 0120-145-277(平日10~17時)

詳細は、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40