平成30年受動喫煙防止対策助成金について(厚生労働省)

厚生労働省は、受動喫煙防止対策助成金の改定を発表しました。
小売業やサービス業は、分煙が進んでおり、要検討事項です。

この助成金は、労災保険の適用事業主である一定の中小企業事業主が、要件を満たす喫煙室の設置、要件を満たす屋外喫煙所の設置、喫煙室・屋外喫煙所以外に受動喫煙を防止するための換気設備の設置などを行った場合に、その措置に必要な経費の一部を助成するものです。助成割合は2分の1(飲食店は3分の2)で、助成額の上限は100万円とされています。

詳細は、こちらをご覧ください。 

★助成金のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40