駅構内に個人専用のオフィス空間を配置する「サテライトオフィスサービス」の実証実験を開始(東京メトロ)

東京メトロは、富士ゼロックスと共同で、駅構内に個人専用のオフィス空間を配置する「サテライトオフィスサービス」の実証実験を開始しますと発表しました。ビジネスパーソンにとっては、大変ありがたいニュースです。
活用してみては如何でしょうか。

東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 社長:山村 明義)は、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)と共同で、個人専用のオフィス空間を配置する「サテライトオフィスサービス」の実証実験を、6月1日(金)より東京メトロ駅構内で開始いたします。

近年、テレワーク等の柔軟な働き方が増加する中、オフィス以外で仕事をするモバイルワーク需要にお応えするため、東京メトロの駅構内に電源や無料Wi-Fi等を備えた個人専用のオフィス空間(以下、「ワークブース」)を試験的に配置します。このワークブースは、富士ゼロックスと共同で開発したもので、専用空間であるため、周りを気にすることなく電話や資料作成などを行っていただけるほか、短い時間でのご利用が可能なため、移動中のスキマ時間を有効に活用することができます。

まずは、南北線溜池山王駅、千代田線北千住駅の2駅にワークブースを設置し、6月1日(金)からお客様にご利用いただきながら、お客様ニーズなどを検証してまいります。将来的には、駅構内のほか沿線地域への設置拡大についても検討し、東京がビジネスパーソンにとってより便利で快適なまちとなることを目指します。

今後も東京メトロでは、駅を生活空間の一部として、より便利に快適にご利用いただけるよう、今後も様々な取組を検討してまいります。

「サテライトオフィスサービス」実証実験の詳細は、別添ファイルをご覧ください。

 

★社会保険・労働保険の手続きは、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40