11月30日は「年金の日」です!(厚生労働省)

厚生労働省は、11月30日は「年金の日」です!を発表しました。

厚生労働省では、“国民一人ひとり、「ねんきんネット」等を活用しながら、高齢期の生活設計に思いを巡らす日”

として、平成26年度から毎年11月30日(いいみらい)「年金の日」としました。

こうした「年金の日」の趣旨について、ご賛同いただいた各団体等と協働した取組により、

 ・「ねんきんネット」等を利用して年金記録や年金受給見込額を確認していただき

 ・高齢期に備え、その生活設計に思いを巡らしていただくこと

 を呼びかけています。

平成29年度「年金の日」ポスター

 

≪「年金の日」の取組≫

○  民間との協働イベント
「年金の日」賛同団体やその会員等(銀行、生保・損保、信金、金庫等)が行う年金相談会等において、「年金の日」や「ねんきんネット」の周知を実施。

○  日本年金機構における取組
日本年金機構において出張相談や年金セミナーを実施。
※ 日本年金機構では、11月を「ねんきん月間」と位置づけ、公的年金制度の普及・啓発活動を展開しています。

★障害年金・老齢年金のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40