第96回全国健康保険協会運営委員会資料 (全国健康保険協会)

全国健康保険協会は、第96回全国健康保険協会運営委員会資料を発表しました。
協会けんぽ(全国健康保険協会)は、2019(平成31)年1月31日に開催された「 第96回全国健康保険協会運営委員会」において、平成31年度の都道府県ごとの医療分の保険料率(都道府県単位保険料率)および全国一律の介護分の保険料率(介護保険料率)の案を提示しました。

具体的には、都道府県単位保険料率の最高は、佐賀の10.75%、最低は新潟の9.63%、全国平均は10.0%となっています(料率を引上げるのは22道府県、引下げるのは18県)。また、介護保険料率(40歳以上65歳未満の介護保険第2号被保険者が負担)は、全国一律で1.73%(現行は1.57%)となっています。
いずれも、3月分(4月納付分)からの適用が予定されています。

00 議事次第 [106.8 KB pdfファイル]

★社会保険・労働保険の手続きのご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40