作成支援ツール(36協定届、1年単位の変形労働時間制に関する書面)について(厚生労働省)

厚生労働省は、「スタートアップ労働条件 WEB診断」の中で、作成支援ツール(36協定届、1年単位の変形労働時間制に関する書面)を公開しています。働き方改革の法改正に伴い、見直しが必要です。
労働基準法等の法令に詳しい担当者がいる事業所の方は、利用価値がありますので、利用してみては如何でしょうか。

入力フォームから必要項目を入力・印刷することで、労働基準監督署に届出が可能な次の4種類の書面を作成することができます。

  • 〇時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定届)
  • 〇1年単位の変形労働時間制に関する書面
    協定届、労使協定書、労働日等を定めたカレンダー

WEB診断に登録されているユーザーは、メールアドレスとパスワードを入力し、ログインしてください。初めて利用する方は、会員登録をして支援ツールを利用するか、ゲストで作成(登録しないで作成)するかを選ぶことができます。

登録ユーザーは、36協定届、1年単位の変形労働時間制に関する書面の入力データを保存し、過去に登録したデータを呼び出して書き換えることができます。

36協定届の新様式はこちら!

2019年4月1日から改正労基法が施行され、時間外労働時間や休日労働時間の規制が強化されるとともに、36協定の内容や届出様式も改正となります。具体的内容を、下記の「36(サブロク)協定に関する法改正について」によりご確認いただいたうえで、適切な36協定の締結・届出を行うようにしてください。


★36協定や就業規則を改訂する場合のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40