平成30年賃金構造基本統計調査結果の概況(厚生労働省)

厚生労働省は、平成30年賃金構造基本統計調査結果の概況を発表しました。

(調査の目的)
この調査は、統計法に基づく基幹統計「賃金構造基本統計」の作成を目的とする統計調査であり、主要産業に雇用される労働者について、その賃金の実態を労働者の雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにするものである。

(調査事項)
事業所の属性、労働者の性、雇用形態、就業形態、学歴、年齢、勤続年数、労働者の種類、役職、職種、経験年数、実労働日数、所定内実労働時間数、超過実労働時間数、きまって支給する現金給与額、超過労働給与額、平成29年1年間の賞与、期末手当等特別給与額

(概要)
短時間労働者以外の一般労働者の月額賃金(賞与や残業代を除く)は、前年比0.6%増の「30万6,200円」と、過去最高を更新しています。この結果について、「人手不足等を背景に、男女ともに運輸業、郵便業、建設業、宿泊業、飲食サービス業、女性では製造業、医療、福祉等で、年齢別には25 歳未満の若年層や55~64歳の高齢層で賃金の伸びが大きくなっていること、男女ともに勤続年数が伸びていることなどが要因と考えられる」と分析しています。

詳細は、こちらをご覧ください。

★給与計算・社会保険・労働保険のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40