未来投資会議(第27回)配布資料(首相官邸)

首相官邸は、未来投資会議(第27回)配布資料を発表しました。

資料の中で、人生100年時代を迎えて、65歳から70歳までの就業機会確保について、多様な選択肢を法制度上許容し、そのうちどのような選択肢を用意するか労使で話し合う仕組み、また、個人にどの選択肢を適用するか、企業が個人と相談し、選択ができるような仕組みを検討する必要があるとしています。
法制度上許容する選択肢のイメージとしては、次のようなものが示されています。
① 定年廃止
② 70歳までの定年延長
③ 継続雇用制度導入(現行65歳までの制度と同様、子会社・関連会社での継続雇用を含む)
④ 他の企業(子会社・関連会社以外の企業)への再就職の実現
⑤ 個人とのフリーランス契約への資金提供
⑥ 個人の起業支援
⑦ 個人の社会貢献活動参加への資金提供

(配布資料)
資料1 高齢者雇用促進及び中途採用・経験者採用の促進
資料2 今夏の成長戦略のとりまとめの方向性
資料3 基礎資料
資料4-1 中西議員提出資料
資料4-2 中西議員提出資料
資料5 神津会長提出資料
資料6 経済産業大臣提出資料
資料7 厚生労働大臣提出資料

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40