2020年路線価発表(国税庁)

国税庁は、相続税や贈与税の計算の基礎となる2020年路線価を発表しました。

東京国税局が、本日発表した2020年の路線価は、前年度比5.0%上昇と7年連続の上昇となりました。
路線価の算定基準日は、1月1日のため、昨年まで毎年増加していた訪日客や再開発を反映したもので、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言後の影響は織り込んでいないものです。

都内48の税務署管轄ごとの最高路線価は、45地点で上昇、2地点で横ばいと都内の93.75%が上昇、かつ10%以上の上昇が22地点と前年の23地点と同水準でした。


「2020年7月1日 日経電子版」

なお、6月24日の「国税庁の路線価の減額修正を検討の影響について」でもご案内しましたが、国税庁は路線価を減額修正できる措置を検討しており、本年分の相続税や贈与税を申告される方は、今後の国税庁の対応から目が離せません。

★2020年路線価は、こちらをご覧ください。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40