2020年12月まで雇用調整助成金再延長検討(厚生労働省)

「厚生労働省は、コロナ対策の一環として、9月末としていた雇用調整助成金の特例措置を12月末まで延長する方向で検討に入った」との報道がありました。
コロナ対策として本特例措置は、通常1日当たりの助成金の上限8330円を15,000円に引き上げると共に、中小企業の助成率は、3分の2から最大100%に、大企業は2分の1から4分の3に拡大し、パート従業員も対象とされておりますが、本特例措置の延長も含めて検討するとのことです。
6月末時点で休業者は236万人に達しており、令和2年7月末までに5,851億円(548,462件)を支給決定していますが、支給が決定されれば、失業者増加を年内は一定程度押さえれるものと考えられます。
KKパートナーズは、ウィズコロナ時代の新しい日常に向け、企業経営者の皆様をサポートします。
なんなりとご相談頂ければと存じます。

【8月26日無料オンラインセミナー】「本格取り組みテレワークの導入ステップと労務管理上の注意点」⇒ こちらをご覧ください。
【無料個別を相談会】ウィズコロナ時代の中小企業の労務管理~新型コロナウイルス第2波に備えましょう!>⇒ こちらをご覧ください。

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40