マルチジョブホルダーに対する 雇用保険の適用について(厚生労働省)

厚生労働省は、第132回 労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会/資料として「マルチジョブホルダーに対する 雇用保険の適用について」資料を公開しました。

<検討のポイント>
●現状、実行可能性があるのは、
・ 本人からの申出を起点に合算方式で適用
・ 一時金方式で給付 となるが、逆選択やモラルハザードが懸念。
●今後、マルチジョブホルダーへの雇用保険の適用を検討、推進していくならば、一定の対象層を抽出し、試行的に制度導入を図ることが考えられる。 この場合、適用による行動変化や、複数事業所の労働時間を把握・通算する方法に関する検討状況を踏まえつつ、改めて制度の在り方を検討することが考えられる。

詳細は、こちらをご覧ください。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40