令和4年度における国民年金保険料の前納額について (厚生労働省)

厚生労働省は、令和4年度における国民年金保険料の前納額について下記内容を発表しました。

国民年金においては、一定期間の保険料をまとめて納めることにより保険料が割引となる「前納制度」を設けております。
本日、令和5年度の国民年金保険料額が公表されたことに伴い、令和4年度における国民年金保険料の前納額をお知らせいたします。

(1) 6ヶ月前納の場合の保険料額(令和4年4月~令和4年9月分の保険料または 令和4年 10 月~令和5年3月分の保険料が対象)
・口座振替の場合:98,410円(毎月納める場合より1,130円の割引)
・現金納付の場合:98,730円(毎月納める場合より 810円の割引)
(2)1年前納の場合の保険料額(令和4年4月~令和5年3月分の保険料が対象)
・口座振替の場合:194,910円(毎月納める場合より4,170円の割引)
・現金納付の場合:195,550円(毎月納める場合より3,530円の割引)
(3)2年前納の場合の保険料額 (令和4年4月~令和6年3月分の保険料が対象)
・口座振替の場合:381,530円(毎月納める場合より15,790円の割引)
・現金納付の場合:382,780円(毎月納める場合より14,540円の割引)
※クレジットカード納付の前納の保険料額は現金納付と同じ金額になります。
<前納のお申込みについて>
○ 前納制度を利用するには、年金事務所に申出を行う必要があります。
○ 口座振替及びクレジットカードによる6カ月(4~9月分)、1年および2年前納のお申込み期限は令和4年2月末となっております。現金納付については、4月中で
あれば手続可能です。
<口座振替の早割について>
○ 口座振替には上記の他、「早割」による割引があります。令和4年度は16,540円(通常の保険料から50円の割引)です。
◆ 手続等の詳細につきましては、日本年金機構ホームページ(URL は下記参照)をご覧 いただくか、最寄りの年金事務所にお尋ねください。
日本年金機構ホームページ URL:https://www.nenkin.go.jp/

★売れてます!「最新 ハラスメント対策 モデル文例集-厚労省導入マニュアル対応-」については、こちらをご覧ください。
★無料相談会「キャリアアップ助成金」を活用しよう!(ZOOMによるオンライ説明会も可能です、まずはご相談ください。)
詳細は、こちらをご覧ください。
★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。
★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40