「柔軟な働き方に関する検討会」報告を公表します(厚生労働省)

あけましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になり、誠に有難うございました。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

厚生労働省は、「柔軟な働き方に関する検討会」(座長:松村 茂 東北芸術工科大学教授、日本テレワーク学会会長)報告を公表しました。

(概要)
テレワークは子育て、介護と仕事の両立手段となるとともに、ワークライフバランスに資することができ、多様な人材の能力発揮が可能となります。副業・兼業は新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として有効です。
この検討会は、今年3月に決定した「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、テレワークや副業・兼業について、「ガイドラインの制定など実効性のある政策手段を講じて、普及を加速させていく。」とされたことを踏まえ、平成29年10月から6回にわたり開催されました。
厚生労働省は、この報告を踏まえ、今後、雇用型テレワーク、自営型テレワーク、副業・兼業のガイドライン等の策定・改定を行い、柔軟な働き方の普及促進や環境整備を図っていきます。

★労働保険、社会保険の手続きは、社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご用命ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40