訴訟提起の期限が2023年1月16日に延長されました(政府広報オンライン)

政府広報オンラインは、「出産や手術で大量出血した方などへC型肝炎ウイルス検査を受けましたか?特定製剤により感染された方への給付金の請求に必要な訴訟提起の期限が2023年1月16日に延長されました。

過去に、妊娠中や出産時の大量出血、手術での大量出血をした方などの中には、特定の製剤の投与を受けたことにより、C型肝炎ウイルスに感染した方が多数います。こうした感染被害者の方々に対し、「C型肝炎特別措置法」に基づき給付金の支給が行われています。 給付金の支給を受けるためには、国を相手にして、裁判所への訴訟の提起などをすることが必要です。給付金の請求の前提となる訴訟の提起などは、2023年(令和5年)1月16日までに行う必要がありますので、対象となる方は期限までにお手続きをしてください。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40